2019.12.28更新

皆さんこんにちは。
今年ももう残り少なくなって新年を迎える準備にバタバタしてるのではないでしょうか?
さて、今日は歯ブラシの管理方法についてお話ししたいと思います。
みなさん歯ブラシ、いつ変えたか覚えていますか?? しばらく変えていないな、、という方は要注意です!!

歯を綺麗にするための歯ブラシですが、
しっかりとした管理ができていないと汚れを綺麗に落とせなかったり歯ブラシに細菌が繁殖していたりする事があります。
歯ブラシの毛先が開いていたり毛の間が汚れていたりしていませんか?
毛が開いたりしてしまっていると汚れの除去効果が格段と下がります。

歯ブラシの交換目安は、1ヶ月に1度と言われていますので皆さんもご自身でチェックしてみて下さい。

また歯ブラシをした後は、流水でしっかり洗いよく水を切り乾燥させましょう(^^)

綺麗な歯ブラシで歯の健康を守り新しい年を気持ちよく迎えられるといいですね!

当院は12月28日(土)〜1月5日(日)まで年末年始のお休みを頂きます。
電話などもお受けする事が出来ませんので
その際にお痛みなどがありました、お近くの休日診療で対応してくださるようお願い致します。


大和 遠藤歯科医院
http://www.endo-dentalclinic.com
046-263-9363
佐古

投稿者: 遠藤歯科医院

2019.12.21更新

12月ももう半分が過ぎて2019年ももうすぐ終わってしまいますがみなさんは今年はどんな年でしたか?私は今年から社会人になり1年がとてもあっという間に感じました...今回は妊婦中の歯磨きの大切さについて少しお話しします。妊娠中は虫歯や歯周病になりやすくなるという話を聞いたことがありますか?妊娠すと女性ホルモンが急激に増えます。すると口腔内にいる歯周病原性細菌が増え唾液の粘性が高まります。妊娠中は食生活が変わったりツワリなどが原因で口腔ケアが疎かになってしまうことで口腔内に細菌が溜まり歯肉炎や歯周病、虫歯になるリスクが高まります。つまりツワリが酷いからといって口腔ケアをやめてしまうと虫歯や歯周病になるリスクが高まってしまいます。しかしツワリが酷いと中々歯磨きをするのは難しいですよね...??なのでツワリの時はできるだけ気分が良い時に少しでも歯磨きを行い磨けない時はうがいをする事を心がけるのがとても大切です。また少しツワリが落ち着いてくる安定期(妊娠5ヶ月頃)には歯医者に行きクリーニングをする事でより虫歯や歯周病の予防にもなります。妊婦さんは体調管理がとても大切になるのため無理のない程度に口腔ケアをしてください。当院ではいつでも妊婦さんの口腔ケアをお手伝いさせていただきますのでよろしければ一度体調の良い時にクリーニングにいらしてください。

 

https://www.endo-dentalclinic.com/
046-263-9363
遠藤歯科医院 井澤

投稿者: 遠藤歯科医院

2019.12.11更新

皆さまお元気ですか?

冬の寒さが続き、体調など崩されてる方いらっしゃるのではないでしょうか。

インフルエンザも今年は流行が早いみたいですね。

私もビクビクしながら毎日を過ごしております。

手洗い、うがい。水分補給。基本ですね!

 

それと、お口の中が汚れていると感染症にかかりやすいのです!!

 

口腔ケアには「感染症の予防につながる」というメリットもあります。

 もともとお口の中には様々な細菌が住みついていて、汚れた状態を放置しておくと雑菌が増えていきます。

これらの菌は唾液中に酵素を出していますが、この酵素にはタンパク質を破壊する作用があるため、口や喉の粘膜が荒れてきてしまいます。

するとインフルエンザや風邪のウイルスが、荒れた部分にくっつきやすくなります。そこからウイルスが体内に入り込み感染症を引き起こす、というわけです。

つまり「口の中が汚れていると感染症にかかりやすい」ということです。

 さらに唾液の分泌が少なく、口の中が乾燥しているような方は口腔内に汚れが溜まりやすいため、そのリスクもより高まります。

 寝ている時は1番菌の繁殖率が高いので、寝る前は絶対的に歯磨きをお勧めします!!

 

今年も残り少ないですがよろしくお願い致します。

 

クリーニング、検診、お気軽にどうぞleaf

 

大和 遠藤歯科医院
http://www.endo-dentalclinic.com
046-263-9363

内田

 

 

 

投稿者: 遠藤歯科医院

2019.12.07更新

こんにちは。

秋はいつ来たの?という勢いで急激に冷え込んできました。長かった残暑から、緩やかな変化のないままいきなり冬に突入してしまったような日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


そんな中、今日は寒さと歯のお話をしたいと思います。
寒くなってくると、歯が痛む、そんな経験ある方いらっしゃいますでしょうか。


むし歯ではない歯であっても、歯に冷気や冷水、あるいは歯ブラシなどの刺激が加わった時に「ヒヤッ」とするような瞬間的な痛みを感じることがあります。
これは、象牙質知覚過敏症の可能性が高いと考えられます。

健康的な歯の表面はエナメル質という、人体の中で一番硬いといわれる素材によって覆われています。その素材の内側に存在するのが象牙質です。
外部からの刺激が露出した象牙質に加わり、歯の内部の神経に伝わるために知覚過敏が起こると言われています。


知覚過敏になる原因と言われているのは、


①不適切な歯みがき力の入れすぎ、硬すぎる歯ブラシ、長すぎる歯みがき時間、研磨剤の多く入った歯みがき剤の使用

 

②歯周病による歯肉退縮

これは、歯周病の進行により歯肉が下がり、エナメル質に覆われていない歯根が露出することによって起こります。


③歯ぎしりや歯を食いしばる癖

噛んだ時に強い負担がかかり、長い年月の経過とともにエナメル質が割れたり、はがれたりすることによって起こります。


元々の噛み合わせや歯並びが原因になることもありますが、歯ブラシの改善や、必要に応じたクリーニングを行うことで、症状が治る方もいます。


思い当たる方がいらっしゃいましたら、是非当院にいらしてください。

 

046-263-9363

http://www.endo-dentalclinic.com/

遠藤歯科医院 西岡

 

投稿者: 遠藤歯科医院

2019.11.30更新

皆さんこんにちは!

11月も終わりが近づき、寒い日が続くようになりました!

寒さ対策をしっかりとして、体調に気をつけてくださいね!!

さて、12月になりますので、年末年始のお知らせをさせていただきます。

遠藤歯科医院では12月28日(土)から1月5日(日)まで年末年始のお休みをいただきます。

その期間ご連絡が取れなくなりますので、お痛みや口腔内での不安がある方はお早めにご連絡ください!!

年末年始にお近くの歯科医師では休日診療がありますが、混雑が予想されますので、休診の期間に入る前に受診されることをおすすめします。

また当院でも休みが近づくにつれ、ご予約が取りにくくなったり、お電話が繋がりにくくなる場合がありますので、ご了承ください。

https://www.endo-dentalclinic.com/

046-263-9363

遠藤歯科医院 尾島

投稿者: 遠藤歯科医院

2019.11.24更新

こんばんは!

早いもので、もう少しで今年の残りもあと1ヶ月になりますね。

クリーニングを担当させて頂いている患者さんにはお伝えしましたが、この度結婚が決まりまして、12月いっぱいで退職する事になりました。

新卒で入り、社会人としても未熟な私でしたし、最初は患者様と話す事も苦手でしたが、たくさんの方と出会い、今では一人一人の患者さんと接する事が楽しく、少しは歯科衛生士としても社会人としても成長できたのではないかと思います。

4年半大変お世話になりました。残りあと1ヶ月となりましたが変わらず頑張りますので、宜しく御願い致します。


大和 遠藤歯科医院

http://www.endo-dentalclinic.com

046-263-9363

山平

投稿者: 遠藤歯科医院

2019.11.16更新

こんにちはni

11月8日は"いい歯の日"でした。tooth

テレビなどでとりあげられていたのでないでしょうか?

 

歯周病は中高年からのイメージがありますが、30代以上の3人に2人が歯周病と言われています。

歯茎に

"ハリがない"  "色が気になる"  "むずがゆい"

の症状が1つでも当てはまったら歯周病の可能性があるので、受診をおすすめします。

ご連絡お待ちしております。

 

遠藤歯科医院  日原

046-263-9363

https://www.endo-dentalclinic.com/

 

投稿者: 遠藤歯科医院

2019.11.01更新

みなさんこんにちは!

早いことに10月が終わりもう11月に入りました。

寒くなってくるとついつい歯を食いしばったりしてしまいませんか??

この食いしばりを日常的にしていると様々な症状が出てくると言われています。

例えば、噛むと痛い・冷たいものがしみる・顎が痛い・頭痛がする・肩こりがあるなど

食いしばりやはぎしりは歯に大きなダメージを与えます。力いっぱい食いしばった時には自分の体重と同程度の力が歯にかかると言われています。

また精神的ストレスは食いしばりを増長させるとも言われています。

 

日中の食いしばり対策は、まず自分で気づくこと(認知すること)です。

時々意識して、食いしばっていないか確認してみてください。もし気づいたら顎の力を抜いて、上下の歯を離してください。ついでに肩の力も抜いてストレッチしてください既に、歯をかみ合わせると痛い・冷たいものがしみる・顎が痛いといったような症状が出てしまっている方、一時的な回復はあるかもしれませんが、歯の痛みや顎の痛みは、根本的な治療を行わなければ時間の経過とともに悪化するケースが多いのです。

この症状がある方や食いしばりが気になる方は一度歯医者で受診してみてはいかがですか??

当院ではいつでもお待ちしております。


046-263-9363
https://www.endo-dentalclinic.com/

遠藤歯科医院 井澤

 

 

投稿者: 遠藤歯科医院

2019.10.22更新

このたびの台風19号により被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

被災地の皆様の安全と安心が一日でも早く確保されますこと、一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

 

災害時のオーラルケアは、お口の健康だけではなく、身体の健康にも影響します。
避難所生活や水不足で口の中を清潔に保つことができないと、お口の中の菌でも身体に悪影響を及ぼす可能性があります。
避難所生活などでハブラシがない場合は、食後に少量のお水やお茶でしっかりうがいをしましょう。またハンカチやティッシュなどを指に巻いて歯を拭い、汚れをとるのも効果があるそうです。

歯磨きが出来ない状況がありましたら、やってみてはいかがでしょうか。

 

遠藤歯科医院 大和市

046-263-9363

https://www.endo-dentalclinic.com/

内田

 

 

 

 

投稿者: 遠藤歯科医院

2019.10.20更新

みなさんこんにちは。
今年は夏が長い、なんて言っていたらいつの間にかグッと冷えてきましたね。

 

 

あっという間にハロウィンの季節です。
昔は、トリックオアトリートと言って子供がお菓子を貰う文化があるらしい、程度の認識でしたが、少しずつ日本にも定着してきましたね。

 

 

今回はトリックオアトリートにちなんでお菓子の話をしようと思います。

 

お菓子を食べると虫歯になるのは何故か考えた事有りますでしょうか?
実は、お菓子と虫歯の関係を知る事で、虫歯予防にも繋がるんです。

 

子どもに甘いものをそれほど飲み食いさせてなくても、気づかないうちに糖質を沢山摂取していてむし歯になる場合が非常に多いのです。
あれ?うちの子に限って…歯ブラシもしていたのに…なんて親御さんもいるかもしれません。

 

そこで問題です。
沢山のお菓子を一度に食べる事と、少量を長い時間食べた場合はどちらが虫歯リスクが高まるでしょうか?

 

 

ご存知の方もいるかと思いますが、正解は、実は少量を長時間食べる、いわゆるだらだら食べが虫歯になりやすいのです。


むし歯の原因になりやすいのは、糖質の量よりも摂取頻度です。少量でも、口の中に糖質が留まる時間が長いほど、むし歯になるリスクは高まります。アメなど、長時間かけて食べるお菓子はむし歯の原因がおおきいです。

 

砂糖をはじめとする糖質は、細菌が酸を作るための材料です。
だらだら食べは、その酸の形成の時間を与えてしまい虫歯リスクが高まります。

 

お菓子は決まった時間に適量あげるのが、健康面でも、虫歯予防でも効果的です。

 

046-263-9363

https://www.endo-dentalclinic.com/

遠藤歯科医院 西岡

投稿者: 遠藤歯科医院

前へ 前へ

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ


大和駅(神奈川)×歯科・歯医者部門
大和駅(神奈川)×矯正歯科部門
2016年07月時点