Q&A

Q

インプラントはどの程度、持ちますか?

A

半永久的に機能します。
インプラントそのものはチタンという金属を使っているため半永久的に機能します。
しかし、術後のメンテナンスを怠るとインプラントを埋めている周囲の骨が痩せてきて少しずつ動いてしまいます。
インプラントの寿命を長くするためにも、メンテナンスは重要です。

Q

インプラント治療期間中に食事は問題なくできますか?

A

基本的には問題ないです。
手術した後、一般的には4~5日程度は固い食べものをとらないことをお勧めしています。
抜糸をしてから十分に歯肉の状態が回復してからは問題なくお食事をしていただけます。

Q

インプラントが壊れることはありますか?

A

簡単に壊れることはありません。
自然の歯でも欠けることはあると思いますが、場合によってはインプラントに植えた歯も同じようにかけてしまうこともあります。
しかし、強度のあるものを使用していることが常識で、簡単に壊れるほど脆いものでもありません。
万が一壊れてしまっても、作り直しは可能です。

Q

インプラント治療をして身体に影響はないのですか?

A

全くございません。
インプラントで使用するチタンという金属は世界的にもアレルギーを起こしにくい金属として知られています。
骨と結合する特性があり、重度の骨折を支える治療でも使われています。体に全く影響はありません。

Q

入れ歯を使っているのですが、歯周病治療は必要ですか?

A

はい。義歯にもカビ菌がたくさんつきます。義歯をきれいに保つことも非常に大切になってきます。

Q

ホワイトニングの効果はどれくらい長持ちしますか?

A

約3ヶ月~2年です。
治療を受けた患者さんの歯の性質や日々の生活によっても異なりますが、おおよそ3ヶ月~2年程度です。
しかし、たばこやコーヒーなど歯に着色しやすいものを日常的に摂取している方は、定期的な歯のクリーニングをする必要があります。

Q

ホワイトニングは安全ですか?

A

安全です。ご安心ください
はい。歯を白くするために使用するジェルの成分は、過酸化尿素です。
過酸化尿素を使用したホワイトニングは多くの研究と実績が報告されています。また、歯科医師の適切な指導のもとで使用すれば、歯や歯肉に余計な負担をかけることなく安全に使用できます。

Q

ホワイトニングした歯を長持ちさせる方法はありますか?

A

歯科医院で定期的なデンタルチェックを受ける事がいいです。
歯石のチェックなどを含め、定期的な歯科検診を受けることをおすすめします。
歯ブラシやデンタルグッズの正しい使用方法をプロに相談し、並行して正しい食生活や生活リズムを保つことで体全体が健康になり、口の中も健康になります。身体全体の健康があってのホワイトニングなのです。

Q

PMTCは自分の歯磨きと何が違うのですか?

A

歯磨きでは落とせない汚れを落とせます。
歯磨きでは全ての汚れを落とすことが出来ません。この汚れをバイオフィルムといいます。
バイオフィルムとは、歯にこびり付いたがんこな細菌の塊で、歯周病菌や虫歯菌の温床になってしまいます。これを研磨剤や専用の器具を使って磨き落とすことで歯周病や虫歯の予防に大変効果があります。

Q

歯磨きだけではだめですか?

A

歯科医院でクリーニングを定期的に受ける事が望ましいです。
虫歯や歯周病にならないための最善の方法は、やっぱり歯磨きで、きちんとした歯みがき法を身につけていれば、「歯ブラシ」と「歯間ブラシ」で十分に落せます。
しかし、歯磨きだけでは隅々まで磨けている人はほとんどいなく、磨き残しはどうしても発生します。
そういう箇所を歯科医師や歯科衛生士がPMTCを定期的に行うことでより虫歯を防ぐことが出来ます。
予防の用途で使用されているフッ素などの薬剤は、口内の状態に応じて使い分けるのが大切です。


大和駅(神奈川)×歯科・歯医者部門
大和駅(神奈川)×矯正歯科部門
2016年07月時点
一般歯科 インプラント 歯周病 矯正歯科 小児歯科 予防歯科 審美歯科