歯周病

歯周病とは?

歯に付着した汚れが歯と歯ぐきの間に入ることで、歯を支えている骨が徐々に破壊され、最終的に歯が抜けてしまう病気を歯周病といいます。生活習慣病の一つとされ、現在では成人の約8割がかかっていると言われています。歯周病は初期段階では症状に現れにくいため、自覚症状が出てきた頃には末期状態ということもあります。また、心臓病や糖尿病などの全身疾患にも関連が深い恐ろしい病気です。

歯周病の症状と治療法

当院では、まず歯周病のメカニズムや危険性についてしっかりとお話し、ご理解いただきます。その上で、初期段階から末期の状態まで、患者さんぞれぞれの症状をご説明します。その際には、スライドなどを用いながらわかりやすく丁寧にお話しています。患者さんにきちんとご理解いただけてから、症状に合わせた最適な治療を進めていきます。

歯周病の症状

健康な歯ぐき

ピンク色で引き締まった歯ぐきが健康な状態です。この場合、歯を支える歯周組織や顎骨も健康といえます。

歯肉炎

歯ぐきが炎症すると、赤く腫れて出血も多くなります。この状態の場合、まだ歯を支える骨までには達していません。

軽度歯周炎

歯ぐきの炎症が進行すると、歯と歯ぐきの間に歯周ポケットという隙間ができます。この状態になると、歯を支える骨にも影響が出てきます。

中度歯周炎

歯ぐきの炎症によって、歯を支えている骨が徐々に破壊されてしまいます。この状態になると、次第に歯がグラグラしてきます。

重度歯周炎

炎症が進み、歯を支えている骨がほぼなくなってしまいます。食べ物を噛むことも困難になり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

治療法

PMTC

毎日の歯磨きでは取り切れない歯の汚れを、歯科医院にて専用の機器を用いて除去する方法をPMTCといいます。

エムドゲイン

歯ぐきの炎症が原因でできた歯周ポケットの深さが6mm以上になってしまった時に、その部分にエムドゲインゲルを入れることで、歯を支える歯槽骨を再生させる治療法です。

GBR

歯を支える歯槽骨が薄くなっている場合に、メンブレンという人工膜を固定して骨を再生させる治療法です。

料金表(税込)

クリーニング ¥5,400/30分 フッ素塗布を含みます。
エムドゲイン(再生療法) ¥32,400
GBR(骨造成) ¥54,000
歯周外科手術 ¥54,000

大和駅(神奈川)×歯科・歯医者部門
大和駅(神奈川)×矯正歯科部門
2016年07月時点
一般歯科 インプラント 歯周病 矯正歯科 小児歯科 予防歯科 審美歯科