2014.11.28更新

こんにちは、遠藤歯科医院で矯正を担当しています片岡です。

今日は矯正治療について話をさせていただきます。矯正治療と聞くと見た目の歯並びを治す治療と思われている方が多いかとおもいますが、実は見た目を治すだけではなく咬み合わせを治すことが重要になってきます。

 

一般的に歯並び、咬み合わせが悪いと言われている症状(不正咬合)は    

・上顎前突(出っ歯の状態)

・下顎前突(受け口の状態)

・開口(前歯が咬んでない状態)                                                         

・叢生(歯が凸凹に並んでいる状態)

・過蓋咬合(上の前歯が下の前歯に深く咬みこんでいる状態)

・上下顎前突(上の歯も下の歯も前に出ていて口元がでっぱっている状態)

・交叉咬合(左右両側もしくは片側の奥歯の咬み合わせが上下反対に咬んでいる状態)

等に分類されます。

みなさんの口の中はこのような状態ではないでしょうか?

このような状態であると、見た目の問題以上にそれぞれの歯にかかる力の負担の問題が出てくることがあります。歯というのは正しい位置にあり、それぞれしっかりとした役割を担う様に形作られています。なので不正な位置にある歯、もしくはその周囲の歯には大きな負担が強いられ徐々に歯にダメージを蓄積し、将来的に被せ物をしなければならなかったり、重篤な場合は抜歯しなければならないといった場合もあります。

高齢になったときに健康な自分の歯が多い方が元気な老後を過ごすことが多いといったデータもあり、歯科医師会では80歳になった時に自分の歯20本を残すことを目標とした運動(8020運動)が提唱されています。この8020運動の達成者の中にはほとんど不正咬合の方はいないとの報告もあることからも、不正咬合を治療することの大切さをわかっていただけるかと思います。

不正咬合を治すためには矯正治療が必要な場合が多く、当医院では見た目の歯並びだけではなく咬み合わせを治すことからも必要であれば矯正治療を勧めています。もし自分の口の中の状態が気になるようであれば矯正相談無料でしていますので、いつでも声を掛けていただけたらと思います。

投稿者: 遠藤歯科医院

2014.11.21更新

今年の残りあと1か月とちょっとになりました

だいぶ寒くなってきましたが、みなさん風邪などひいてないですか

先月のことなのですが、横浜で4年に一度の国際歯科大会があり、行ってきました

今回初めて参加したのですが、診療だけでなく自分自身にもためになるお話などが聞けて、とても有意義な時間が過ごせました


これから年末にかけて、みなさん食べたり飲んだりする機会が増えると思いますが、体調崩さないよう体をいたわりつつ、楽しい時間を過ごしてください

                                                 望月

投稿者: 遠藤歯科医院

2014.11.08更新

こんにちわ!

最近いきなり寒くなりましたねぇ(^_^;)

私は、久しぶりに風邪をひいてしまいましたぁ(;一_一)

だいぶ乾燥もしてきているので、みなさんも気を付けてくださいね!!

乾燥してくると、喉や鼻の粘膜が乾燥して、ウィルスに対する防御力が減ってしまうそうです。

その危険なラインは、湿度40%以下だそうです。

みなさん加湿をして、鼻や喉を守ってくださいね♪



投稿者: 遠藤歯科医院

2014.11.01更新

みなさんこんにちは(^^)v
今日から11月に突入しましたね!!

昨日はハロウィンで町中が賑やかになってましたね♪♪
お菓子もいっぱい頂けたでしょうか??
自分が子供の頃はハロウィンはこんなに大きなイベントではなかったので、
今のお子様達が羨ましいです(笑)
経済効果もかなり高いようでバレンタインの2倍以上あるみたいですよ★

これから町はクリスマスカラーに染まっていくんでしょうね!!
今年もあと残りわずかなのでやり残したことが無いように2か月間楽しみましょう!!!!
最近は一気に寒くなりましたので皆さんお身体には十分にご自愛くださいね(^^)v

牧野

投稿者: 遠藤歯科医院

entryの検索

カテゴリ


大和駅(神奈川)×歯科・歯医者部門
大和駅(神奈川)×矯正歯科部門
2016年07月時点
一般歯科 インプラント 歯周病 矯正歯科 小児歯科 予防歯科 審美歯科