2014.01.21更新

初めまして大和市遠藤歯科医院の遠藤元気です。
これから月一で歯科に特化したブログを書きます。

今回はインプラントに対しての患者様の質問が多いものにフォーカスを置きお話したいと思います。
よくご質問があるものとしては、インプラントのメリットおよびデメリットについてですのでこれについて話します。

まず、メリットとしては①歯がないところに単独で存在させることができるため
両隣の歯を削る必要および入れ歯を入れる必要がなくなります。
今までであれば歯がないところを補う方法としては両隣の歯を削り橋をかけるよな形で補うブリッジ、
両隣の歯にバネを付ける入れ歯になります。
今までの方法ですとブリッジでは両隣の歯が虫歯になりやすくなります。
入れ歯ですと食べかすが詰まりやすくなる形から虫歯になりやすくなり、
さらに入れ歯の出し入れが必須になります。
これらのデメリットがインプラントではなくなります。

②またインプラントは1本の歯に対して1本の歯が咬むことで力学的に安定な状態となります。
ブリッジ、入れ歯では3本の歯に対して2本の歯で力を受けとめるようになるので、
インプラントと比較すると力学的に不安定となります。

③インプラントだと歯がしっかりあることで以前のご自身の歯で咬むような食事をとることが可能となります。

デメリットとしては①インプラントは保険の治療ではないため自由診療扱いになるため
費用が高額になります。

②インプラントは歯茎の下の骨に埋め込む形になりますので、
オペが必要となり術後にお痛みを伴う形となります。

以上が今回のお話です。
不明な点がありましたらホームページからメールお問い合わせください。

遠藤歯科医院のインプラントについて

投稿者: 遠藤歯科医院

2014.01.21更新

気づけば1月ももう半分終わってしまいました

年々、月日が経つのが早く感じます


先日、この前の連休であった各地での成人式がTVで伝えられていました。

大和市も13日にあって華やかな着物を着た子たちをたくさん見かけました

何年か前までは式のお手伝いをしに行っていたんですが、自分の年代以外の成人式を見るのも楽しいものです。

特に大和市では二十歳の子たちが実行委員となって式全体の構成を考えたりするので、自分もそうでしたが関わった子たちは、より式の思い入れが強くなっていい思い出ができたようです


そんな連休中、私は横浜で行われたデンタルショーに行ってきました。

デンタルショーではいろいろな器材や商品など歯科に関するものがたくさん展示されたり話を聞けたりするのですが、行った日は大きな講演会がなかったのもあってか人手が少なく、1ブースごとゆっくり話が聞けて有意義な時間が過ごせました。

今回得たものを少しでも日々の診療に生かせるように頑張りたいと思います。

                                                        望月



投稿者: 遠藤歯科医院

2014.01.17更新

皆さんこんにちは!(^^)!
新年明けましておめでとうございます!!!!!
良い年は迎えられましたか??
今年も宜しくお願い申し上げます♪♪

それにしても今年に入ってからグッと寒さが厳しくなりましたね。
ノロウイルスや食中毒も流行ってきておりますので、
皆さんお身体には十分にご自愛くださいね☆★☆

今年一年が皆さんにとって素敵な年になることをお祈りしております。

牧野


投稿者: 遠藤歯科医院

entryの検索

カテゴリ


大和駅(神奈川)×歯科・歯医者部門
大和駅(神奈川)×矯正歯科部門
2016年07月時点
一般歯科 インプラント 歯周病 矯正歯科 小児歯科 予防歯科 審美歯科