2018.09.30更新

こんにちは!

今年も残すところ3ヶ月となってきました。1年があっという間に過ぎますね。

先日、テレビの番組で歯磨きのタイミングについての情報がありました。

食後すぐに歯磨きをすると歯が溶けてしまうので、30分経ってから磨きましょうということでした。

これは食事によって糖分や炭酸を摂取した後は、特に口内が酸性に傾いてしまい、その状態で歯磨きをすると歯のエナメル質が溶けやすくなってしまうというものです。

歯の腐食を防ぐには酸にさらされたエナメル質が唾液によって再び硬さを取り戻すまで少なくとも30分経ってから歯磨きをすることが望ましいということです。

 

この内容について調べてみたのですが、それは酸蝕症という主に食生活が原因で歯を覆うエナメル質が溶け出してしまう病気にかかっている人が食後すぐに歯磨きすることで歯がすり減ってしまうことがあり、プラークが歯を脱灰してできる虫歯とは別のものなのです。

また人は食べたあとに口の中が酸性になったとしても、唾液には酸を中和する働きがあるため酸性飲料の頻繁な摂取がなければ歯が溶けないように防御機能が働いているので普通の食事では食後すぐに歯磨きをしても歯が溶けることはありません。

食後、歯磨きできる時は早めにプラークを取り除いてきれいにすることがのぞましいでしょう。

角南

http://www.endo-dentalclinic.com
046-263-9363
遠藤歯科医院

 

投稿者: 遠藤歯科医院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ


大和駅(神奈川)×歯科・歯医者部門
大和駅(神奈川)×矯正歯科部門
2016年07月時点
一般歯科 インプラント 歯周病 矯正歯科 小児歯科 予防歯科 審美歯科