2018.06.09更新

こんにちは(*・∀・*)ノ


今回は親知らずについてお話しします。
親知らずとは正式には智歯、または第三大臼歯といいます。上と下に2本ずつあり、永久歯が生えそろってから最後に生えてくる歯です。

斜めに生えていたり歯肉や顎の骨に埋もれたまま生えてこなかったりすることも多く、最近では歯自体がない人もいます。

親知らずがしっかり生えていて、お掃除がしっかりできていてきれいに保たれているならいいのですが、親知らずが傾いていたり横向きに生えていたりすることで手前の歯を押してしまい歯や歯肉に負担をかけてしまったり、手前の歯との間に汚れがたまってしまうと、親知らずはもちろん手前の歯まで虫歯になってしまいます。歯茎のなかに汚れが入り込み、歯茎が腫れたりすることもあります。

親知らずは一番奥に生えている歯なので自分でしっかりきれいにするのは難しい場所でもあります。

さらに上の親知らずが虫歯になった場合は自分ではなかなか見えない場所なので気づいたらすごく大きな虫歯になっていることも少なくありません。


親知らずの治療法としてはしっかり生えていて、きれいにお掃除ができているのならば抜かずに様子をみても大丈夫です。ですが手前の歯のことを守る為に抜いてしまって、お掃除しやすくしてあげるのもいいかと思います。

虫歯が大きくなってしまうと、歯が柔らかくなってしまうので抜くときに歯の頭をつかんでもすぐ割れてしまうので、抜くのが大変になってしまいます。もし抜くのならば早めに抜くことをおすすめします。 

親知らずでお困りの方がいらしたら、まずは1度相談にいらしてください。

 

大和 遠藤歯科医院
http://www.endo-dentalclinic.com

山平

 

投稿者: 遠藤歯科医院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ


大和駅(神奈川)×歯科・歯医者部門
大和駅(神奈川)×矯正歯科部門
2016年07月時点
一般歯科 インプラント 歯周病 矯正歯科 小児歯科 予防歯科 審美歯科